2016年07月21日

とろろ蕎麦&ざる蕎麦の食べ方

夏のゴルフ場の昼食といえば、冷やし中華、ざる蕎麦が多いですね。
先日ゴルフの途中休憩の際、同伴の方がとろろ蕎麦を注文。
DSCF1390.JPG

「これって、どうやって食べるの?」
あらためてとろろ蕎麦の正しい食べ方を聞かれると「う〜ん」とつまってしまいました。
食べ方は
@蕎麦つゆをとろろに入れて、そこに蕎麦を入れて食べる
Aとろろを蕎麦つゆに少しずつ入れて、蕎麦を入れて食べる
B蕎麦にとろろをかけてまぜてから、つゆにつけて食べる
C蕎麦を食べてから、とろろを別に食べる

以上4択ですが、会社のフロント女子二人に聞いてみると二人ともAでした。
レストランに聞いてみると、正解は@蕎麦つゆをとろろに入れて、そこに蕎麦を入れて食べるでした。
因みに私は蕎麦はそばで食べ、とろろは残り汁を入れて別に食べていました。
そこで久能で唯一の蕎麦屋さん「日月庵」でつけとろ蕎麦を注文。
DSCF1388.JPG

すでにとろろとだしつゆで、まろやかになっており
うずら玉子を落とし、まろやかで蕎麦に絡んで絶品でした。
やはり、これが本当のつけとろ蕎麦ですかね。

さて、その後ある蕎麦屋さんに行ってざる蕎麦を注文した時のことです。
メニューに「蕎麦の食べ方」なる指南文が載っていました。
「蕎麦は薬味をそばつゆに入れないで、わさびは蕎麦にのせて食べて下さい。
刻みねぎは残りつゆにそば湯を入れて、それに入れて味わって下さい。」とありました。
確かに蕎麦は蕎麦にわさびをのっけてつけ汁で食べ、ねぎはそば湯に入れて飲むと何となく蕎麦の風味を楽しんだ感はありました。

ゴルフも蕎麦も極めるのは難しいですねぴかぴか(新しい)

いつも最後まで読んでいただき
ありがとうございます。
矢印の↓↓↓下を1クリックお願い致します!

にほんブログ村

posted by 久能アイアンコース at 08:00| アイアン日記